九州工営株式会社は、宮崎市に本社を置く総合建設コンサルタントです。

outline

ごあいさつ

 このたび九州工営(株)は創業55周年を迎えることが出来ました。これもひとえに、創業者を中心に社員及び家族の皆様の協力のもと、関係各位の暖かいご指導の賜物であり、心よりお礼申し上げます。

 当社は、昭和37年(西暦1962年)5月、現会長吉田多穀により、高岡町(現宮崎市)に吉田土木(資)内に測量部を創設し、のちに吉田工営(株)として独立、4年後に九州工営(株)と商号変更し宮崎に腰をおろし総合建設コンサルタントを目指し歩み始めました。日本列島では昭和41年頃からいざなぎ景気となり、公共事業の測量設計業務が民間に委託され始め、当社も追い風に乗り測量業はもとより建設コンサルタント、地質調査、補償コンサルタント等の部門を設立し、社業も順調に推移してまいりました。

 しかしながら、近年のリーマン・ショックに端を発し世界同時不況により、世界経済は重大な危機に直面している一方、国内では、公共事業予算の大幅な削減、また平成7年阪神淡路大震災、平成22年児湯地区の口蹄疫発生、平成23年霧島山系新燃岳噴火そして東日本大震災発生といった相次ぐ大災害等もあり、建設関連業においても非常に厳しい状況となっています。

 当社はこれまでも、技術的なスキルアップはもとより、社会変化にすばやくそして柔軟に対応できる人財を育てる「人財創造企業」として鋭意活動してまいりましたが、更に「他人を思いやる心・利他の心」を持つことを企業風土として、次なる50年に向け、気持ちを新たに全社員一丸となり、引き続きお客さまに愛される企業として精進してまいる所存でありますので、今後とも、更なるご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 

 おわりに、これまで皆様方の特段なご高配、ご指導に対し心から感謝申し上げ、ご挨拶と致します。

代表取締役社長 吉田一路


 

 
 近年、公共事業の見直し・あり方について人々の関心が非常に高まっており、総合的かつ迅速な対応が迫られています。このような状況の中で私たちは、各地域に調和した、住民のためのまちづくりの重要性を再認識しています。


 公共物は住民すべての共有の財産です。その財産は住民の必要とするものであり、一定の価値観を満たさなければなりません。ですから住民の意見を充分に聞き、全体的なレベルで住民のニーズを把握し、それを共有の財産として形にすることでよりよいまちづくりができます。


 まちづくりは地域住民の要望や地域特性に応じ、地域住民と一致団結したまちづくりをしなくてはなりません。その為に、私たちは長きにわたり培ってきたノウハウ(技術・知識・経験)をもって全力でサポートし、住み良い環境を提案・提供します。

会社概要

商号 九州工営株式会社
本社 〒880-0015  宮崎県宮崎市大工2丁目117番
電話:0985-28-1122
FAX :0985-28-1105
技術本部 〒880-0015 宮崎県宮崎市大工2丁目143番
設計部
    電話:0985-28-1103
    FAX:0985-28-1185

調査部
    電話:0985-28-1137
営業所 日向営業所
    〒883-0033 宮崎県日向市大字塩見10490-6
    電話:0982-54-3318
県南営業所
    〒889-2402 宮崎県日南市北郷町郷之原乙1394-3
    電話:0987-55-4388
代表取締役社長 吉田 一路
資本金 1,400万円
創業 昭和37年5月
登録 建設コンサルタント:国土交通大臣  建21第1780号
測       量:国土交通大臣  第(11)-2558号
地 質 調 査:国土交通大臣  質19第1029号
補償コンサルタント:国土交通大臣  補20 第132 号
役職員数 45名